エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



野菜嫌いの子どもたちにも、野菜を食べてほしい!!
今回のテーマは「残り餅には福がある」。

HOME > やさいのきもち > テーマ「残り餅には福がある」

野菜嫌いの子どもたちにも、野菜を食べてほしい!!そんな野菜の気持ちから生まれたレシピです。
今回のテーマは「残り餅には福があ」。お正月、鏡餅も終わり、それでも残っているお餅。磯部、あべかわ、ぜんざい…、もちろんそれはそれで美味しいけれど、タイトル通り、野菜を使った簡単で美味しい一品にトライ!!


 モッチリアン

簡単で美味しいのが、家庭料理の魅力。というわけで、本当にあっという間にできちゃう、主食、おやつ、サイドディッシュ、パーティーメニュー…、に便利な一品!
餅は、網や、アルミホイルを敷いてグリル、もっと簡単にレンジという手もありますが、今回はオリーブオイルを使って、フライパンで焼きます。
餅の表面が浸るくらいの、炒め物より多めのオリーブオイルを使うことで、外側がサクッと仕上がります。(”揚げせん”な感じ)何度もひっくり返さないのもコツ!
ちょっと風変わりな餅のソースは、トマト・マッシュルーム・チーズ。トマト& マッシュルーム、紅白揃っておめでたいでしょ!トマトの酸味、マッシュルームのうまみ成分に、チーズの塩気が調味料!子どもが喜ぶメニューです。甘さを足したいときは、ケチャップをプラス。忙しい朝にもオススメです。
今回は、トマト& マッシユルームでしたが、たまねぎ、ほうれんそう、コーン、にんにく、ピーマン…など、いろんな野菜をみじん切りにして、バリエーションを楽しみましょう!!ベーコンやハム、シーチキンなど、肉や魚を加えると、さらに栄養価もアップします。

モッチリアン


作り方
(1) ミニトマト・マッシュルームを細かく切ります。

(2) フライパンにちょっと多めのオリーブオイルを入れ、熱くなったら餅を入れ、中火で両面がきつね色になるまで焼きます。

(3) (2)を焼いている間に、別のフライパンにオリーブオイルを入れ、(1)を炒め、炒まったら火を止め、チーズを入れます。

(4) (2)の両面こんがり焼けたら、皿に盛り、上から(3)(余熱で溶けたチーズをよく絡めて)をかけます。

(5) バジルをトッピングしてできあがり。

※餅1〜 2 個を作る場合は、小さめのフライパンでOK!

レシピ&クッキング 佐々木めぐみ 
雑誌の企画・編集に携わる一方、大手食品メーカーのレシピ制作、フードスタイリング、ウェディングなど食・スタイリングの仕事に関わる。スタイリングをした書籍としては、ライブドア パブリッシング発行「くるくるスイーツ!」等がある。


やさいのきもち 一覧へ





このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.