エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



野菜嫌いの子どもたちにも、野菜を食べてほしい!!
今回のテーマは「おせち料理」。

HOME > やさいのきもち > テーマ「おせち料理」

「一年の計は元旦にあり」。

屠蘇を交わし、雑煮を祝い、おせちをいただくという、
正月の食卓には、新しい年を無事に健やかにと願う意味があります。
さらに、ひとつひとつの料理や食材にも、願いが込められているのです。
一年の最初の食卓。
家族揃って食卓を囲み、子どもたちにそれぞれの意味を教えながら、今ある自分を作っている食べ物や飲み物に感謝してみてはいかがでしょう。


 おせち

全国各地「おせち」は、盛り込む料理も盛り付けもさまざまです。
土地のもの、素材を生かした出汁、家庭に受け継がれる味。
二つとない家庭の「おせち」だからこそ、作る側の意義も食べる側の感謝も深いものです。
*このイラストは、近年のおせちの一例です。

 

一の重(口取り)

  • 錦たまご
    卵黄と卵白を金銀に見立てた錦たまご。錦とは金銀縫いのある絹織物で財宝の意。
  • 紅白かまぼこ
    紅白の彩りから祝い膳には欠かせないもの。表面の紅は初日の出をイメージ。
  • だて巻き
    伊達巻とは帯の一種。その保存の形から美しく見せる意。巻き物は文物を尊ぶ。
  • 栗きんとん
    財宝を意味する金団。暮らしの豊かさを祈願。

二の重(祝い肴/三つ肴+海の幸)

  • 数の子
    子がびっしりと詰まっていることから、子宝に恵まれる、子孫繁栄。
  • ごまめ
    “五万米”の字が当てられ、米の豊作祈願。
  • 黒豆
    色の黒さから、田畑で働く者の健康と勤労の意。
  • たたきごぼう
    運をたたく(開く)。
  • 海老の酒蒸し
    腰が曲がるまで長生きの長寿を願って。
    ※ごまめと黒豆で、しっかり食べてマメマメしく働く。

三の重(旨煮+山の幸)

  • お煮しめ
    にんじんは太陽の日の出の色で、日の出の勢いに一年の運を賭けた。
  • 昆布巻き
    よろこぶが二重、三重になり、めでたい。
  • 松風焼き
    末の方が広がり、めでたい末広がりの形。
  • れんこん白煮
    先の見通しが良いの意。
  • 牛肉のごぼう巻き
    細々とでも末永く穏やかな暮らしを願って。

出典「優しい食卓VOL.27」共立速記印刷株式会社 http://www.table21.com/

レシピ&クッキング 佐々木めぐみ 
雑誌の企画・編集に携わる一方、大手食品メーカーのレシピ制作、フードスタイリング、ウェディングなど食・スタイリングの仕事に関わる。スタイリングをした書籍としては、ライブドア パブリッシング発行「くるくるスイーツ!」等がある。


やさいのきもち 一覧へ





このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.