エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



「デキるパパは子どもを伸ばす」講座 第1回

HOME > 親子のコミュニケーション講座 > 素「デキるパパは子どもを伸ばす」講座 第1回

 伸びる子どもの「鍵」はパパ!! 

先日、NHKで父親の子育てに関する特集番組がありましたね。最近の父親は、以前と比べて子どものことに積極的に関わろうとする傾向があり、その影響か「日経KIDS」や「Familly」といった経済誌系の会社からも、教育や子育てに関する情報誌が数多く発行されています。

そこで、今回から5回シリーズで「子どもを伸ばす 出来るパパ」になるための誌上講座をお届けしたいと思います。この講座では「パパが楽しく子育て出来るようになる」ことを第一と考えています。これをきっかけに、ご自分にあった子育てを習得するきっかけになれば幸いです。

はじめに講座全体を通しての流れですが、わたしたちが普段お子さまやご家族のみなさまと接する中で最も大切にしていることが3つあります。

●こどもの「心の状態」を安定させる
●親と子の「自立度」をあげる
●子どもの「徳性」を育む


本講座も上記3点について分かりやすく具体的にお伝えしていきたいと思っています。

第1回目は、子どもの「心の状態を安定」させるための『環境』がテーマです。子どもの可能性を引き出すのにまず基本としているのが「環境」です。環境といっても、家庭環境や教育環境などいろいろあり、それぞれとても大切ですが、私たちは『人間関係』が一番大切だと考えます。心を防御することを知らない子どもたちは、大人以上に「人間関係」から直接影響を受けます。年齢が低ければ低いほど顕著です。

つまり子どもの心の安定は「人間関係=環境」を安定させるのが、その子の可能性を伸ばすのに一番効果的なのです。逆の言い方をすれば、環境さえ整えて心を安定させてあげれば、子どもはいくらでも自発的に伸びていくのです。ややもすると、大人たちはとかく子どもが標準よりも「よく出来る」ことに目を奪われがちです。「出きる」「出来ない」という表面的な評価にばかりを 気にしすぎると、子どもはある日耐え切れずに、根元からポキッと折れてしまうかもしれません。大切なのは心の成長であって、きちんと成長していれば子どもは大人が止められないくらい、あらゆる事に興味を示し、どんどん吸収して「できる」ようになっていくのです。

ではどうすれば、子どもの心が安定するような環境=人間関係を与えられるようになるのでしょうか?最初に、お子さんの心を知るためにあなたご自身の幼少期の心の状態を把握する必要があります。なぜなら、人間の人格を形成する最も重要な時期は3歳〜小学校入学前の幼児期であり、親自身のこの頃のコミュニケーションは良いことも悪いことも含め、直接子どもに影響するからです。

心の状態を把握するのに「7つのパイプチェックシート」(PDF)に挑戦してみてください。これは人間関係のバランスを分かりやすく整理するために私が考案したものです。ご自身の幼児期の記憶をたどりながら図にある7つの関係性の間に、どのようなつながりや信頼関係があったかを5 段階(0=全くなし、1=ややあった、2=普通、3=強くあった、4=非常に強くあった)に分けます。

ご自分のチェックシートが出来たら、今度は同様にママとお子さんのチェックシートを用意してください。全部揃ったところで、パパとママのチェックシートのパイプの関係性を照らし合わせてみましょう。お互いの弱いパイプを補完しあえていればお子さんへの影響については問題ないと思いますし、仮にあったとしてもその部分を修正するような対策が打てるようになればいいわけです。また、お子さんのパイプを作成することで、お子さんの「環境=人間関係」のバランスを客観的に見直し、孤立を防ぐことが出来ます。

それぞれのパイプには下記のような意味があります。
1. 母親とのパイプ愛情・甘え・など
2. 父親とのパイプ理性・理想・自立・自信など
3. 兄弟(姉妹)とのパイプ理不尽さ・葛藤・社会性など
4. 友達とのパイプ共感・共存・友情など
5. 他人とのパイプ信頼・規律・礼儀など
6. 親戚とのパイプ協調性・絆・信頼性など
7. 夫婦間のパイプ信頼・愛情・安定感など(本能的なもの)

実は7番目の「夫婦間のパイプ」こそ、重要で子どもの心の安定に与える影響が最も大きいものなんです。夫婦喧嘩のせいで子どもの心が不安定になってしまうということは、その典型的な例ですね。次号では、この部分をさらに掘り下げて考えて行きたいと思います。

・7つのパイプチェックシートのダウンロード(PDF/888KB)




山本直美 LITTLE PALS 代表

山本直美 LITTLE PALS 代表 
幼稚園教諭を経て(有)I・S・Cを設立。1歳〜小学生とその親のためのファミリー教室「LITTLE PALS」を東京・横浜で開催し、「親子のコミュニケーションと自立」をテーマにオリジナルプログラムを実施していく中で、家族が共に成長できるよ うアドバイスを行っている“ ファミリーアドバイザー”。また、託児施設や幼稚園のコンサルティング、企業での父親教室など、幅広い活動を続けている。



デキるパパは子どもを伸ばす

山本先生が本を出版されました!
デキるパパは子どもを伸ばす―今すぐ取り組める13のステップ
山本直美(著) 東京書籍1500円( 税込み)

伸びる子どもの鍵はパパ! お子さんの乳幼児期から小学校中学年にかけてこの、親子にとって「最高ともいえる時期」を大切にし、子どもの可能性を引き出す、パパのためのステップアップ講座。



親子のコミュニケーション講座 一覧へ





このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.