エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



パパが子育てにかかわると夫婦円満になる?

HOME > 親子のコミュニケーション講座 > パパが子育てにかかわると夫婦円満になる?

家族のコミュニケーションから「そのおうちなりの子育て」を発見しましょう


この半年間、ある企業内で、親子のコミュニケーション講座のひとつとして【パパのための子育て講座】(以下、略してパパ講座)を開催してきました。そもそも、私どもの教室では、子どもたちが健やかに、自立した成長を続けるためには、子どもさんをお預かりするだけではなく、親御さんのご相談にのったり、アドバイスを行ったり、一緒にそれぞれのご家庭での教育方針を考えたり、といった親子両面からのフォローが不可欠だと考え、実践してきました。

そうした中で、次第にお父さまも意識が高くなり、「子育てに参加したいのだけれど、どう関わっていいのかがわからない」といった声が、あるいは、お母さまのほうから「主人にもっと積極的に子育てに協力して欲しいのだけれど、どういったことから頼めばよいかがわからない」といった声が寄せられるようになってきました。

そこで、個人的な指導のほかに、定期的にパパ講座を開催するようになったのです。今回のパパ講座は、たまたまそうした活動をお聞きになられた方からのご依頼で、実現する運びとなりました。

プログラムは、月一回×6ヶ月の6回構成で、その内容は、一言で言うと、< 振り返り> ⇒<気づき>⇒<発見>⇒<体得>の流れの中から、ご自身のオリジナリティを発見してもらい、そのご家庭なりの子育てを発見してもらいたい!というものでした。

子どもさんの顔が全く見えず、お父さま側からだけの働きかけというのは初めての試みだったので、うまくいくか不安だったのですが、皆さん積極的に質問を投げかけられ、模索し、ディスカッションを繰り返され…で、短期間で、意識の高い立派なパパに成長されました。
お父さまが子育てに関わられることは、実は、ご自身をも大きく成長させてくれます。そのことに、より多くの方がお気づきになり、ご夫婦の協力体制が強まった素敵なご家庭が増えますことを、心から祈っています。

余談ですが、このパパ講座の噂を聞きつけられた方からお話を頂き、この講座の内容が、4 月に本として出版されることとなりました。次号で詳しくご紹介したいと思います。教室内のご父兄から出ていたのと同じように、“ 関わりたいけれどやり方がわからない…” とお悩みのお父さまの指針のひとつとなってくれれば幸いです。



 受講者パパの感想

日頃、仕事にかまけて子育てはママに任せきりです。たまの休日に子どもと買い物に行ったり公園に行ったりするだけで、子育てをした気でいましたね(笑)。パパ講座の受講動機は「子育て」に関しての知識が全くなく、漠然と子どもと日々接している自分に不安を感じたからです。講座の内容は体の成長過程や子どもの心理状態から来るサインについて、お受験事情など今までに知らない情報ばかりでとても新鮮でした。(38歳 会社員 1 歳女の子)

今まで子どものことに関しては妻の話を聞くだけだったのが、この講座をきっかけに活発に話しあえるようになったのが一番の成果でしょうか?(笑)これからも積極的に関わりたいですね。(35歳 会社員 9歳女の子・5歳女の子)

子どもとコミュニケーションを取るための具体的な方法もいくつか習いました。なかでも「ハッピーBOX」はとても楽しく、今でも実践しています。子どもにとってハッピーな出来事があると一緒にメモに書いて「ハッピーBOX」にどんどん入れるのです。しばらくして箱をあけるとたくさんメモが入っています。「夜にみどりさんがピカピカできた(夕食でほうれん草を残さず食べられた)」という大人には何気ないことも子どもにとってはとても大事なことなんだという気づきが多く、結構感動しましたね。(36歳 会社員 3歳男の子・1 歳女の子)



山本直美 LITTLE PALS 代表

山本直美 LITTLE PALS 代表 
幼稚園教諭を経て(有)I・S・Cを設立。1歳〜小学生とその親のためのファミリー教室「LITTLE PALS」を東京・横浜で開催し、「親子のコミュニケーションと自立」をテーマにオリジナルプログラムを実施していく中で、家族が共に成長できるよ うアドバイスを行っている“ ファミリーアドバイザー”。また、託児施設や幼稚園のコンサルティング、企業での父親教室など、幅広い活動を続けている。


親子のコミュニケーション講座 一覧へ





このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.