エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



警察・行政・地域の連携で子どもを守る!
「浦安 子どもの安全対策 防犯編その2」

HOME > 子どもの安全対策(浦安版) > 警察・行政・地域の連携で子どもを守る!「防犯編その2」

浦安警察の福澤寛司生活安全課長

前回の『浦安 子どもの安全対策 防犯編』の記事に関して、読者の皆さまより予想をはるかに超える反響をいただきました。発行した直後にも富士見・弁天・東野・富岡等の地域で不審者の情報が寄せられていますし、広島県・栃木県で本当に悲しい事件が現実に起こっています。今回は編集部に寄せられた安全に関する具合的な質問や相談について浦安警察の福澤寛司生活安全課長にお答えいただきました。


浦安 子どもの安全対策 防犯編その2
浦安警察が、ママの質問にお答えします。


  • 子どもの安全が、とても心配です。日の出、明海、高洲地区には交番が無く、とても不安です。今後、交番ができる予定はあるのでしょうか?(日の出 小学生を持つ母親)
  • 現在5ヶ所(浦安駅・新浦安駅・舞浜駅・富岡・富士見)にある交番に加え、平成17年度末(3月予定)には、 日の出公民館の交差点に新たな交番ができることが決定しています。




  • 去年、浦安に引っ越してきました。小学2年生の女の子と5年生の男の子がいます。安全に関する情報や地域の行政の取り組みなどはどうなっているのでしょうか?
  • まず行政の取り組みですが、浦安市では2004年4月に防犯課を新設し、浦安警察および防犯協会と連携を強化するなど、安全に関しては特に力を入れています。具体的には安全に関する様々な施策を行っています。

青色回転灯

(1)青色回転灯
現在、パトロール強化による犯罪の抑止を目的とした青色の回転灯がついたパトロールカーが市に2台あり、自治会やPTA等に貸し出しをしておりますが、本年度中に自主パトロール隊による青色回転灯を装着した車両35台が追加され市内をパトロールすることとなります。




スーパー防犯灯

(2)スーパー防犯灯(電話・カメラ付)12月14日運用開始
非常時に警察署員と直接話ができるインターホンや録画できる防犯カメラ、非常ベル、非常用赤色灯などを装備した街頭緊急通報システムです。

本年度はクローバーインターの美浜側2か所と東野と弁天を結ぶ歩道橋の湾岸道路沿い2か所の合計4か所に設置します。次年度より順次増やしていく予定です。設置場所を頭に入れておけば非常時に役立ちます。

安全に関する情報の公開について浦安市ではより迅速に正しい情報を提供していく方針です。防犯協会では、ホームページ上で不審者情報や犯罪情報を即時に公開しています。今後はホームページ以外の方法でも多くの市民の皆様に効果的にお知らせできるように具体的に検討中です。





  • 地域の連携はどうなっているのでしょうか?(日の出 小学生を持つ母親)
  • 子供たちが怖い目にあいそうな時に、助けを求められる「駆け込み110番」のお店の地域ネットワーク化や、自治会・PTA・学生ボランティア団体などのみなさんとパトロール強化などを行い地域の連携を行っています。

駆け込み110番

(1)「駆け込み110番」のお店 661店舗の地域ネットワーク化
子供たちが怖い目にあいそうな時、すぐに駆け込んで助けを求められる「駆け込み110 番」として市内の661件のお店にご協力いただいております。さる10月の上旬にも富士見のコンビニエンスストアに不審者に追いかけられた子どもが駆け込み、難を逃れています。近所に黄色い『防犯パトロールシール』が張ってあるお店を頭に入れておいてください。


パトロール強化

(2)パトロール強化
各自治会やPTAのみなさんには本当によくご協力いただいています。さらに市内5つの大学・高校(明海大学・県立浦安高校・浦安南高校・東京学館浦安高校・東海大浦安高校)の学生ボランティア団体「V5」の皆さんなどの様々な団体や行徳警察など近隣の地域とも連携しながらパトロール強化をはかっています。


子どもの安全対策(浦安版) 一覧へ





このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.