エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



犯罪が減った!「子どもたちを守る!」浦安警察署・地域・市民の“これまで”と”これから”の取り組み。浦安 子どもの安全対策 防犯編

HOME > 子どもの安全対策(浦安版) > 浦安 子どもの安全対策 防犯編

もうすぐ夏休み。友達との遠出、習い事の合宿、花火大会などの夜のイベント…。子どもたちにとっては楽しい季節ですが、親にとっては、子どもたちの行動範囲が広がり、心配も増えます。親の目が届かないからこそ、暮らしにおける安全の重要性を感じます。

これまで、浦安警察は、行政・地域、そして市民の皆さんとともに、子どもを守るための新しい試みをスタートさせてきました。地道な取り組みや、新しい施策により犯罪は年々減少しています。

さらなる、安全な浦安をめざして親子で一緒に、防犯について考える時間をもちましょう。自分の身を守ってくれるものが、浦安市のどこに、どんな形や色で、そしてどんな機能が備えられているのか、親子で実際に歩いて確かめるのもいいですね。今回はこの4月に新しく赴任された浦安警察署・齊木浩一(サイキコウイチ)生活安全課長に、新たな防犯システムを含めた取り組みについてお伺いしました。

最新・防犯システム

「子ども緊急通報装置」2007年4月設置

子どもをはじめ市民が、事件や事故にあった際、通報ボタンを押すとインターフォンで警察官と相互に通話できる「緊急通報装置」を浦安市立浦安小学校の通学路などに、5基設置しました。

Q.「子ども緊急通報装置」って?
A.インターフォン、通報カメラ、非常赤色灯、防犯ベル等が装置され、浦安警察署に直接通報するシステムです。
Q.どんな時に使うの?
A.知らない人に連れて行かれそうになった時など、危険を感じた時に使います。 また、ひったくり等、街頭での犯罪が発生した時などにも使います。
Q.使い方は簡単ですか?
A.簡単です。
  1. 知らない人に連れて行かれそうになる等、危険を感じたら通報ボタンを押します。
  2. 上部の赤いランプが点灯し、非常ベルが鳴り、周りの人に危険を知らせます。
  3. インターフォンで警察官と話します。何があったのか話してください。警察官が駆けつけます。

*ただし、「子ども緊急通報装置」は、みなさんの安全を守るための大事な装置です。絶対にイタズラをしないでくださいね!

子どもの安全を支える浦安市の仲間たち

◎新しい町の顔「日の出警察署」
浦安駅、新浦安駅、舞浜駅、富岡、富士見の5カ所に加え、この3月に「日の出警察署」が登場。場所は、日の出公民館の交差点です。地域の皆さんとのコミュニケーションをはかりながら、安全な街づくりのお手伝いを心がけています。心強いですね。
◎子どもたちを守る黄色いステッカー「かけこみ110番」
“防犯 かけこみ110番の店”と書かれた黄色いステッカー。この頼もしいステッカーは、浦安市の661件の店に貼られています。子どもたちが怖い目にあいそうな時、すぐにかけこんでいいよ!というサインです。こうしたお店の皆さんの”子どもたちを守ろう”という気持ち、親にとっては、ありがたいですね。
◎瞬時にお知らせ「携帯連動不審者情報」
市内の不審者や犯罪の情報が瞬時に携帯電話にメールされるシステムです。子どもの通学路や住んでる地域に発生した場合、すぐにかけつけることも可能。携帯電話のメールアドレスを登録した時点で、発生した情報が届きます。子どもの安全を守ることと同様に、大人にとっても欲しい情報です。
※詳しい登録内容は浦安市防犯協会ホームページまたは浦安警察署生活安全課047-350-0110でご確認ください。
◎非常時の味方「スーパー防犯灯(電話・カメラ付)」
非常時に警察署員と直接話ができるインターホンや、現場を録画できる防犯カメラ、非常ベル、非常用赤色灯などを装備した街頭緊急通報システムです。現在は、クローバーインター美浜川に2カ所と東野と弁天を結ぶ歩道橋の湾岸道路沿い2カ所。新たな予定。もしもの非常時には落ち着いて!落ち着いて!
◎犯罪を防ぐ「青い灯のパトロールカー」と「V5」
犯罪を防ぐ目的で市内を走る、青い回転灯をつけたパトロールカー。この4月、3台に増えました。これまで通り自治体やPTAなどに貸し出します。また、警備会社のパトロール車や自主パトロール隊など、今後もパトロールの強化は継続されます。一方、市内の大学・高校(明海大学・県立浦安高校・浦安南高校・東京学館浦安高校・東海大浦安高校)の学生ボランティア「V5」をはじめ、さまざまな団体や地域の自治会やPTAなど、警察とも連携しながらパトロール強化に努めています。こうした地道な活動に、子どもだけでなく市民は助けられているのですね。

「安全は、“市民・企業・行政・警察”の四者がひとつになって、より強化されるもの」だと話す、齊木生活安全課長。お互いが情報を共有し、できることから、できる範囲で、積極的に行動することで、よりよい変化が地域に現れるのです。まずは、自分を、そして身近に居る人を、家族の安全を考えること。それには、お子さんの微妙な態度の変化に気付くことや、話にちゃんと耳を傾けてあげること、会話をすること、が実は大切なことなのです。子どものSOSが聞こえる、そしてなくなる地域をめざしましょう!

http://www.u-cp.jp/

最新情報は、浦安市防犯協会ホームページで確認しましょう。
安全に関する情報の公開について、浦安市ではより迅速に正しい情報を提供していく方針です。防犯協会では、ホームページ上で不審者情報や犯罪情報を即時に公開しています。

子どもの安全対策(浦安版) 一覧へ





このページの先頭へ

このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.