エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



赤ちゃんにとって最高のおもちゃは、
ママやパパの声・手・笑顔です<Vol.7> 

HOME > おもちゃのじかん > 赤ちゃんにとって最高のおもちゃは、ママやパパの声・手・笑顔です

【そらと0〜2ヵ月】
おむつに、おっぱいに、スキンシップ!

昨年10月、出産という一大イベントを経験しました。待ちに待った赤ちゃんの誕生(名前は、そらと♂)。いっぱいいっぱい遊んであげよう!と妊娠中からあれこれおもちゃを用意して張り切っていたのですが…いざ育児が始まってみると、そんな余裕はゼロ…。おむつに、授乳に、抱っこにと、昼夜を問わず泣いて欲求を伝える息子のお世話でエネルギーを使い果たす日々が待っていたのです。
 そんなある日のこと。ねんねの時間になっても息子が大泣きしてしまうので、私の指をにぎらせてみました。すると泣き声がゆるやかになり、3分ほどでピタリ。あ〜、寝てくれた。心にぽっと灯るのは、ほっとした気持ちと、小さくやわらかな手の心地よさ。あ〜、平和。こんなささやかなことで、私までも安らかになれる。慣れない育児で息つく暇もなかった心が、解きほぐされていくようでした。
 それから、着替えのときには体をなでなで。抱っこのときには顔と顔をギュッ。ときには、ワケもなくただ息子の前で大笑い!お世話の時にちょっとしたスキンシップをするだけで、息子のごきげんな時間がふえて、私も大助かり。何より育児がたのしくなっていくではありませんか!
  頭では知っているつもりでした。遊びが赤ちゃんの発達にとってどれだけ大切かと。でも、少なくともこの時期は、おもちゃで遊ぼうと気負うことはなかったんです。抱っこで安心感を得たり、手や足にふれられて体の使い方を覚えていったり、たくさん話しかけられて「自分」と「他人」を区別できるようになったり。全身で人のぬくもりを感じることこそが、今の息子には必要なことだったんです。ママやパパの声・手・笑顔は、どんなおもちゃにも勝るもの。それは間違いなさそうです。

新生児にもおすすめ!
お世話の時にたのしめる、スキンシップ遊び

おむつ替え・着替えのときに

  • かえる体操
    赤ちゃんの足をゆっくりと曲げたり伸ばしたりして、ねんねだけの体をやさしくほぐしてあげましょう。片足ずつでも両足いっしょでもOKです。
  • マッサージ
    赤ちゃんの腕や足、お腹や背中、頭などをやさしくなでてあげましょう。最近、習い事としても注目されているベビーマッサージのお手軽版です。お世話のついでなのでオイルを使う必要はありません。「きもちいいね〜」「右手をなでなで」と語りかけながら、赤ちゃんがよろこぶツボを探ってみましょう。
  • 指のおさんぽ
    人差し指と中指を、赤ちゃんの体の上で交互に動かしてみましょう。「トコトコトコ」とリズミカルな動きで赤ちゃんも大よろこび。
  • いないいなばあ
    両手で顔をかくしたり、鏡やガーゼを使ったりと、いろんな「いないいなばあ」をたのしんでみましょう。反応がない時期でも、ママやパパの声や笑顔はしっかり届いています。
  • ふんわりガーゼ
    ガーゼやぬいぐるみなどを顔や手足にタッチ。ふわっとしたソフトな刺激をたのしませることができます。2〜3ヵ月ごろになると、つかもうとする反応が見られることもあります。

抱っこのときに

  • くっつき抱っこ
    おでことおでこ、ほっぺとほっぺ、お鼻とお鼻…と顔をくっつけながら抱っこして、赤ちゃんともっと密着してみましょう。赤ちゃんのふわふわのお肌は気持ちいいですよ。
  • だあれかな
    抱っこの姿を鏡にうつして、「だあれかな?」と語りかけてみましょう。赤ちゃんは鏡の中の自分やママを発見して、不思議な顔をしたり笑ったり。2ヵ月ごろから反応をたのしめるようになります。
  • ゆらゆらゆりかご
    あぐらをかいて膝の上で抱っこをしながら、からだを左右にゆったりと揺らしてみましょう。ゆりかごの中にいるような心地よさを感じてくれます。

ねんねのときに

  • にぎにぎ
    新生児の「掌握反射」を利用して、指をにぎにぎしてあげると安らいですっと眠りに入ることも。ママやパパの指をにぎったり、にぎられたりすることで、ものをさわること、つかむことを覚えていきます。
  • トントンねんね
    ねんねのときに好きな子守唄を歌いながら、赤ちゃんの胸や背中をやさしくトントンしてみましょう。すぐに眠りにつかなくても、泣きやんだり、じっと聞き入ったりと心を落ち着かせている様子が見られます。

井上麻友美(いのうえまゆみ)

おもちゃコンサルタント、おもちゃライター。育児・教育をテーマに執筆活動。2008年10月に男の子を出産し、一児の母に。手づくりおもちゃや遊びのワークショップの経験を生かしつつ、育児がたのしくなる親子遊びを、息子といっしょに日々考案中。


おもちゃのじかん 一覧へ

このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.