エデュケーションプレスは、子育て・教育について便利ですぐに役立つ情報をお届けします。

教育情報メディア エデュケーションプレス



早い?遅い?赤ちゃんが教えてくれる
おもちゃのタイミング<Vol.8>

HOME > おもちゃのじかん > 早い?遅い?赤ちゃんが教えてくれるおもちゃのタイミング<Vol.8>

【そらと3〜4ヵ月】
おもちゃでストレス!?

 おもちゃって、スゴイ!3ヵ月の頃、思わず声に出してよろこんだ出来事がありました。そのおもちゃとは、木のおしゃぶりです。はじめて持たせたのは、指しゃぶりがはじまった2ヵ月のときでした。きっかけは、ただの親の好奇心。まだしっかり指を開けることができないうちから、「ほれほれ」「どうだ、どうだ」と持たせてみたり、口に近づけたり。ちいさな口先で何とかくわえようとするものの、まだまだ自らすすんで遊ぶ様子はないままでした。それでも懲りずに毎日トライ。

 すると数日後。少しずつ上手に持てるようになったなぁと感心していた頃でした。おしゃぶりを持ったまま泣き始め、最後にはギャーと大泣き!えっ!?もしかして!………「しっかり持って、ちゃんとなめたいんだ〜!」息子の訴えが聞こえてきます。おしゃぶりのサイズが口と手にあわない上に重量感がありすぎて、ストレスを感じていたようでした。ちょっと先回りしたばっかりに…あ〜、私としたことが…気づいた次の瞬間、別の木のおしゃぶりラトル ネフ ティキ Tiki<naef社 スイス>をネットで購入している自分がいました。

赤ちゃんが育つおしゃぶりとの出会い

息子がハマった木のおしゃぶり(ネフ社の「ティキ」)。はじめて口に入れるおもちゃだけに、「木の生きた質感」をプレゼントしたいと思い購入しました。いくら落としても壊れず、どこをなめても安全な素材です。ボールのカタカタという音もお気に入りです。

 2代目の木のおしゃぶりが到着するや否や、「これは、こうして持つんだよ」と教えてみました。手に程よくあうサイズ。これは手ごたえ感じてくれるかも。その期待はズバリ的中。次の日には自分で持てるようになり、その次の日には自分で振ってガラガラにして、さらに次の日には、自分の両手でつかんでおしゃぶりをはじめたのです。いよいよ、なめ放題!すごい集中力です。みるみるうちに自力で遊べるようになりました。4ヶ月になると、1代目のおしゃぶりも自在に操れるようになっていました。

 落としても壊れず丈夫で、音や手触りがよくって、いろんな遊び方ができて…と、いくらいいおもちゃの条件がそろっていても、その機能を生かすためには、与えるタイミングが大事。息子がそう教えてくれました。成長過程を意識して観察し、ココゾ!というときに、コレ!というおもちゃを与えれば、手をかさずとも自ら成長してくれるものなんですね。今日も、顔中をおもしろいほどベトベトにしながら満足気におしゃぶりをしています。

わが家でヒット!「みる」「つかむ」「なめる」おもちゃ

モビール

 追視がはじまった頃から夢中になった飛行機のモビール(フレンステッド社)。軽い素材なので、ちょっとした空気の動きでスローに揺れて、インテリアとしても癒されます。色は赤ちゃんが追視しやすい原色で。

絵本

 2ヵ月の頃は眺めるだけだったのが、3ヵ月になると「めくる」ことに興味が移り、さらに「なめる」という遊びに進化。絵本は読むもの見るものという固定概念はすっとびました。赤ちゃんには「もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本) 」「まり (あかちゃんから絵本)」「いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)」などがおすすめ。前の2冊は、「もこもこ」「にょき」「ころころ」など愉快な擬態語で展開されていて、赤ちゃんが笑って反応してくれることも。「はらぺこあおむし」は、段差のあるページがあるのでめくりやすいようでした。

布ボール

 手作りの鈴入り布ボールです。手を軽く当てただけでチャリン♪「自分でたたくと音がでる」という因果関係に興味津々の様子です。布なのでやさしい手触りも安心です。作り方はこちら

にぎにぎ

 抱っこしながら引っぱり遊びができるように、にぎにぎをロールスクリーンのひもにぶら下げています。ハンドタオルで作った手作りにぎにぎも遊びの定番。作り方はこちら

井上麻友美(いのうえまゆみ)

おもちゃコンサルタント、おもちゃライター。育児・教育をテーマに執筆活動。2008年10月に男の子を出産し、一児の母に。手づくりおもちゃや遊びのワークショップの経験を生かしつつ、育児がたのしくなる親子遊びを息子といっしょに日々考案中。ブログ「つくりつづり」では、手づくりおもちゃの紹介ほか、子育てのよろこびや戸惑い、息子に残したいメッセージなどを書きつづっている。


おもちゃのじかん 一覧へ

このページの先頭へ

 サイトマップ

Copyright (c) Education Press. All rights reserved.